オリジナルモデル



 以前、コラム「ヴィオラをデザインする」で、自分の製作に対する考え方や、オリジナルモデルのヴィオラ製作の取り組みについて発信しました。

 このヴィオラ自体はだいぶ前に形になっていたものの、何をもって完成とするかは難しく、日々考え、時々手を入れ、試行錯誤を繰り返してきました。

 もちろんまだまだ答えはでませんが、ひとまずここで「現段階の完成」とする事としました。  あまり自己評価はしたくありませんが、今回の結果は自分自身では満足のいくものになりましたし、オリジナルモデルの製作自体が製作者としての生き甲斐になりつつあります。今後もこの取り組みは積極的に続けていきたいと思います。


松上一平